顔のかぶれで出来たシミに使いたい美白クリーム特集

顔のかぶれで出来たシミに使いたい美白クリーム特集

かぶれた痕にできたシミ、傷跡のケアは美白化粧品で

かぶれや傷、ニキビの跡が皮膚に茶色くシミのように残ってしまうことがあります。
顔に出来るシミには種類があり、なかには美白化粧品では効果が望めないものもあります。たとえば、年齢と共に出てくる老人性色素斑(日光性黒子)と呼ばれる、いわゆる紫外線による肌ダメージからできるシミも、出来はじめのうすいうちには美白化粧品が有効ですが、定着し皮膚の構造に変化が及んでしまったものについては、キレイに消し去るのは難しくなります。
しかし、かぶれや傷、虫刺され、ニキビなどが原因で肌に炎症が起こり、その跡がシミとして残ってしまった「炎症性色素沈着」のけあとしては、まずは美白化粧品でのお手入れをしてみるのがおすすめです。
炎症性の色素沈着は、炎症の元となるかぶれやニキビを治すことにより、シミ自体もそのままにしていても数年かかって消えていくものが多いようです。
しかし、シミの上から日焼けをしてしまうと、そのままシミが定着してしまうものもあるようです。
紫外線は年間を通して降り注いでいますから、美白化粧品や日焼け止めなどによる対策は1年中行いましょう。
また、かぶれによって出来てしまったシミには、美顔器を使ったビタミンCのイオン導入やピーリングなども効果的です。
(現在もかぶれがある場合はピーリングは避けましょう。)
なお、美容皮膚科で行われるレーザー治療は年齢によるシミには効果的ですが、炎症性のシミには基本的には効かないため、即効性のある治療法がありません。
同窓会や結婚式など、予定がある場合は早めの対策を心がけましょう。

最近のエントリー

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ

このサイトの検索